免疫力について

免疫とは

健康でいるためには、どのような秘訣があるのでしょうか?だれでも健康でいきいきとした生活を送りたいと思っています。
生きている以上、さまざまな病原菌やウイルス・細菌などと接する機会は減りません。常にまわりに存在するものとして注意することが必要です。私たちをとりまく空気や食べ物には無数の細菌やウイルスが含まれています。

例えば、エレベーターの中や電車、バスの中など1人の人が風邪をひいていていたら、閉鎖された空間は、たちまち風邪の菌で汚染されていくでしょう。また、病院などはウイルスや細菌の倉庫になっているかもしれません。

神経質になる必要はありませんが、外出から帰ったら手を洗いうがいをするぐらいは習慣として身に付けたいものです。
さて、これらの細菌やウイルスから身体を守っている仕組みを免疫力といいます。
免疫力とは、生物に備わった生体防衛のためのシステムのことですが、人間はいくつかの病的原因を持っていたとしても、生体防衛システムがしっかりしていれば、簡単に病気になることはありません。

免疫という防御が身体を守っているからです。
しかし、体力が低下すると、防衛システムである免疫が下がるということになります。
日本の生活習慣病と呼ばれる、癌、脳卒中、心筋梗塞といった病気も免疫力の低下が影響していると考えられています。

身体の基礎がしっかりしていないと体力の衰えと一緒に免疫力の低下をまねき、年齢が増えていくとともに生活習慣病の癌や脳卒中、心筋梗塞などの発生率も高くなります。 免疫力を強化する食物を食べる、規則正しい生活を送るなど普段から心がけておくことで免疫力を維持することができ、病気にかかりにくくすることができるのです。

ストレスと免疫

現代社会を、「ストレス社会」と呼んでいる人がいます。
環境汚染、食品添加物、病原菌や細菌・ウイルス、さらに複雑化していく情報社会、仕事や人間関係さえもストレスとなって私たちの身体をむしばんでいます。

ストレスが免疫力を低下させ、病気の原因となっていきます。
このストレスを防ぎ健康でいられる方法は、簡単なことですが、その方法は、「よく眠る」
「よく笑う」「リラックスする」ということです。

けれども、この3つは簡単そうで、なかなかうまくいきません。
「夜10時になったら就寝し朝6時ごろには目を覚まし朝の軽い運動をして朝食を食べています。休みの日は自然に囲まれた場所で自分の好きなことをしてのんびり過ごしています。」なんて若い人から聞いたこともありません。
働き盛りの年代ならなおさらです。最近、おなかの底から笑ったことがある人なんて少数でしょう。
このストレスを防ぐ3つの方法は、現代社会ではかなり難しいことなのかもしれません。ほとんどの方がストレスを防ぐ方法を知らないまま、逆に更なるストレスを生んでいるのかもしれません。

しかし、リラックス方法には、いろいろな方法があります。自分にあった方法をみつけることが免疫力アップの近道と言えるでしょう。

リラックスと免疫力

人の身体は、自律神経によって交感神経と副交感神経のバランスが保たれています。
それによって、消化や睡眠、体温や血液の流れなどの恒常性を維持しています

交感神経が働いている時は、身体も精神も緊張状態にあり、血糖値があがり、体温は上昇し、食欲は抑えられて身体全体に活気がみなぎってきます。
一方、副交感神経が働いているときは、身体も心ものんびりした状態にあり、体温は低くなり食欲や睡眠などの欲求が起こります。

一般的には、交感神経が働いているときは、ストレスがかかっている状態、副交感神経がはたらいているときは、リラックスしている状態といえます。身体を正常な状態に保とうとする身体の恒常性のバランスは、副交感神経と交感神経の円滑な切り替えによって維持されています。

しかし、この切り替えは自分の意思でできるものではありません。
そのため生命の維持に大きく関わってくることになります。交感神経が働いたままだと寝ることも食べることもできません。また、副交感神経が働いたままだと身体の活動ができなくなってしまいます。

うつ状態というのは、交感神経がなんらかの原因で作動せず副交感神経に身体を乗っ取られた状態と言えるでしょう。うつ状態が長く続く場合は、免疫機能が麻痺しているのと同じことですから病気にかかりやすく、精神的にも肉体的にも危険な状態といえます。

最近の研究では、免疫の初期防衛で活躍するナチュラルキラー細胞(NK細胞)の数が副交感神経が働いているときに増えるということがわかっています。
NK細胞は、身体の中の異物に対して初期段階では最前線ではたらき、人体のさまざまな場所で発生した癌細胞を、小さな芽のうちに攻撃し消去するはたらきを持っています。

NK細胞が正常に働くためには、交感神経と副交感神経への切り替えが重要な要素になっており交互の切り替えがうまくはたらいていないと免疫機能も十分なはたらきができないのです。

免疫の仕組み

人の身体は皮膚や粘膜でウイルスや最近から身体を守っています。

けれども、ひとたびウイルスや細菌が、皮膚や粘膜などのバリアを突破して粘膜細胞の内部へと侵入し始めると、異変に気づいた「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」という体内の初期防衛機能のひとつが駆けつけ、ウイルスが取りついた粘膜細胞を殺していきます。

殺された細胞の死骸は、白血球のひとつである「マクロファージ」と呼ばれる細胞が食べて掃除をします。マクロファージは「大食い」を意味しており、日本では「大食細胞」などと呼ばれます。

こうして、異物を取り込んだマクロファージは、同時にサイトカイン(インターフェロン)と呼ばれる物質を放出します。このサイトカインは血流によって全身へ広がり、これによって「敵が侵入してきたぞ」という伝令の役目をはたします。

強敵の存在がわかると、免疫は精鋭部隊を送り込むことになります。
免疫系としての主役を務める「T細胞」と「B細胞」です。T細胞には細かく分けて、「キラーT細胞」「ヘルパーT細胞」「調整性T細胞」の3つがあります。

それぞれの役割は違っており、キラーT細胞はその名のとおり外敵を攻撃する細胞です。外敵が体内に侵入して初期防衛のバリアを突破して、NK細胞やマクロファージだけでは手に負えなくなったとき、マクロファージがサイトカインを分泌し、免疫機能の主役であるT細胞に強敵の存在を伝えるのです。

そして、この伝令をヘルパーT細胞が受け取り、キラーT細胞に伝えることでキラーT細胞は活性化し、ウイルスに感染した細胞の細胞膜に穴をあけて殺傷し、細胞ごと病原菌を死滅させます。その死骸をマクロファージが食べて掃除するというわけです。

また、同時にヘルパーT細胞は抗原(外敵)についての情報をキャッチすると、抗体(攻撃するミサイル)をつくるようにB細胞に指令を出し、そしてただちにB細胞では抗体がつくられ始めます。

つまり一つひとつの抗原に合った抗体をつくるというのがB細胞の主たる働きで、免疫機構に重要な役割をはたしています。抗体はそれぞれの抗原を確実に死滅させるワクチンの働きを持っているのです。

また、3番目のT細胞である調整性T細胞は、ほかのT細胞やB細胞の暴走を抑える抑制機能を持ち、免疫細胞が健康な細胞や臓器などを破壊しないように活性化しすぎたキラーT細胞やB細胞の働きを沈静化させる機能を担っています。