好転反応って何!

よく東洋医学の中に「好転反応」という言葉をききます。

慢性疾患の方が、自然治癒力によって自分の健康を取り戻す過程で
体にさまざまな症状が現れるといわれてます。

たとえば、漢方薬を飲み始めたとき、皮膚に湿疹が現れることがあります。これは、体のなかに溜まっていた毒素が皮膚に出てきたために起こる湿疹です。

また、下痢をすることもあります。これも毒素の排泄の過程で起こります。

体の痛みを感じたり、倦怠感を感じたりすることもあります。これは慢性病で鈍っていた神経が活性化したためです。

いずれも日にちが経つにつれて治まるものです。
このような体の反応を、好転反応といいます。

好転反応には、つぎのようなものがあります。

弛緩反応……怠い、眠いなどの倦怠感として感じられます。
過敏反応……便秘、下痢、発汗、腫れ、痛みなどとなって現れます。
排泄反応……湿疹、かゆみ、目やに、吹き出物、大量の便などで体内の老廃物・有害物質が排泄される症状です。
回復反応……胃痛、腹痛、吐き気、発熱、動悸などとなって現れます。

好転反応は、慢性病によって鈍っていた細胞が、正常化に向けて活性化する過程で起こる体の変化ですから、正常化したときには反応は終わり、健康を取り戻すことができます。

漢方では、「めんげん現象」といい、薬の効き目は「めんげん現象」があって初めて確認できるといわれてます。

好転反応は、薬の副作用と全く異なります。例えば抗生物質を飲むと胃を悪くしますが、健康なところを悪くするような影響があるものが薬の副作用です。

ところが好転反応は、身体のもともと悪いところが、一時的に更に悪くなるような現れる方をします。

高血圧の人が、一時的に更に血圧が上がった、糖尿病の人が、一時的に血糖値が上がったなどのことが起こります。アトピー性皮膚炎なども、一時ひどくなることもあります。この症状が克服できると、だんだんと健康になります。

好転反応は、人によって千差万別です。何度か繰り返すことがあります。そんなときは、初めは強く出ますが、だんだん繰り返すうちに反応は弱くなってくる傾向があります。

このように、起こった症状がほんとうの病気か、好転反応なのかの見分けはやさしくありませんが、すぐれた信頼のおける健康法を採り入れた場合に起こった場合は、好転反応とみなして良いでしょう。

好転反応が辛い場合は、一時体を休めてください。生活のテンポを緩めることで、乗り切ることができます。身体が改善にむかって変化していることを、やがて実感できるはずです。